· 

御社のホームページの目的は何ですか?


成長分野として1兆円市場に拡大したインターネット広告ですが、この市場拡大が我々広告に携わるものにどのような影響を与えているのかに関して今回も考えてみたいと思います。

1996年のYahoo!japanが誕生以降まさにインターネット時代といっても良いほどに様々なインターネットのサービスが登場し急成長をとげています。2008年のiphoneの国内販売開始以降はスマートフォン時代と言い換えてもいいかもしれません。また、今やコミュニケーションインフラとなったLINEは2011年サービス開始と非常に歴史の浅いものであり、短期間に目まぐるしく私たちを取り巻くインターネット環境は変わりました。

こういった現象が広告をはじめとする企業と消費者とのコミュニケーション活動においてコンタクトポイントの変化として広告媒体のシェアの変化となるのは当然のことです。

しかし、あまりにも短期間に変化が起こったために企業活動においてインターネットの活用に関しては企業間で差がかなりでている状況があります。例えば企業のサイトがスマートフォンに対応していないケースはまだまだ多く、ホームページが会社のに業績に貢献するという実感をもてていないのかもしれません。ホームページの目的が曖昧になっていることも少なくありません。

でももし、あなたがこれまで取引のない商品・サービスを検討することになったとして見積をとるにあたって何で調べますか?